ダイエット

痩せる睡眠法とは?3・3・7睡眠でダイエット!

投稿日:2019年7月22日 更新日:

ダイエットを頑張っているのに痩せられない!食事に気をつかったり、エクササイズだってしてるのになぜ?…それはもしかしたら、睡眠に原因があるのかも?

 

睡眠時間とダイエットの関係

私たちは眠っている間に、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌されていて、しっかり眠った場合、1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれるのです。逆に睡眠不足の場合は、その量は90kcal程度にまでダウンしてしまうそう!

つまり、睡眠不足の人は睡眠時に消費されるカロリーが消費されず、そのまま蓄積されてしまい、しっかりと睡眠している人に比べて肥満率が上がるという結果に!また睡眠不足だと甘いものや、炭水化物など高カロリーのものを欲する傾向にあったり、食欲を抑えるホルモンの分泌も減るそうです。

さらには、「睡眠時間が短いほど肥満になる確率が高くなる」とされる研究データもあり、ダイエットにおいて睡眠はとても大事なものと言えるのです♡

 

痩せやすくなる3・3・7睡眠法とは?

”3・3・7睡眠法”とは、肥満外来の専門家である左藤先生が提唱している睡眠法で、「正しい睡眠を取ることで成長ホルモンを促し、痩せやすい体に導きましょう!」という睡眠法。その方法はとっても簡単!早速実践してみる価値ありですよ♡

3・3・7睡眠法のポイント

1・眠り始めの「3時間」は中断せずに眠ろう!

成長ホルモンは“やせホルモン”とも呼ばれていて、基礎代謝を高めてくれる大事なもの。この成長ホルモンは眠り始めの3時間に集中して分泌されるので、しっかりと眠ることが大事です!

2・夜中の「3時」には眠っているように!

現代の生活はついつい夜更かしをしてしまいがちですが、夜10時から深夜2時には眠っていることがベストだそう!これは、夜10時から深夜3時までの時間帯に成長ホルモンが分泌されやすいからで、成長ホルモンを十分に分泌させるには心掛けたいことなんです。

3・1日のトータル睡眠時間は「7時間」を目指そう!

睡眠時間は長すぎても短すぎても”睡眠の質は下がる”と言われていて、7時間がベストだとされています。もしも、まとめて7時間眠ることができなくても仮眠を含めて、トータルで7時間を目指せばOKなので心掛けてみましょう!

 

-ダイエット

Copyright© ズボラ女子の美容日記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.