その他

海の日2019年はいつなの?由来や意味をまとめ!

投稿日:2019年7月11日 更新日:

毎年、7月の第3月曜日が祝日となる『海の日』。歴史の浅い祝日だけにその由来や意味を詳しくご存知でない方も多いのでは?

そこで今回は、この『海の日』の意味や由来について簡単にまとめてみました!

 

海の日の由来は?

 

もともと『海の日』は、”海の記念日”という民間での記念日だったそうで、明治天皇が1876年に、東北地方を御巡幸(天皇が各地を回られること)されたのち「明治丸」という船で、横浜港に7月20日無事にご帰着されたことを祝ったのがきっかけとされています。

当時はまだ、船による航行に不安を感じていた一般国民も多かったのですが、その時の明治天皇の姿を見て、船の安全性に大きな信頼を寄せるようになり海運と船旅の利用が一気に増えたそうです。

そして、1941年この日を記念して制定されたのが”海の記念日”なのです。

その後、海の仕事に従事する方々や海運関係者によって”海の記念日”を祝日にしよう!という声が高まり、1995年に制定され翌年1996年から施行されました。

現在では”ハッピーマンデー制度”の実施に伴って、『海の日』は毎年7月の第3月曜日になっているのです。

 

海の季節になると気になるのがムダ毛!!

みなさんは水着を着る際、デリケートゾーンのムダ毛処理をしていますか?せっかく可愛い水着を買ったのにデリケートゾーンから毛が!!なんて事があったら大変ですよね。そんな海の季節になると気になるデリケートゾーンのムダ毛ですが最近では簡単にケア出来るようになっているんですよね。脱毛サロンに行けばプロの方がものの1時間程度で脱毛してくれたりと自分でやらなくてもうまくやってくれたりするんですよね。なので面倒くさいな~とは思いますが思い切って脱毛しちゃいましょう。

 

 

海の日の意味(趣旨)とは?

 

私たちが暮らしている日本国は海に囲まれた海洋国家で、様々な海の恩恵を受けてきました。

そのため、海の日の趣旨は「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」ことです。

現在、海の日には各地でイベントなども行われているようですが、本来は「海の恩恵に感謝する」という趣旨なのです。

-その他

Copyright© ズボラ女子の美容日記 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.